どうも、ベルリン在住のブロガーwasabi( wasabi_nomadik)です。

私のブログを前から読んでくださっている方はお気づきかもしれませんが、私は音楽やアートが大好きすぎるがゆえに、新卒でフリーランサーになってベルリンに引っ越してきました。

そんな私のブログでは “フリーランス” をテーマに、ベルリンがフリーランサーにとって住みやすい街であるという視点を大プッシュしてお届けしていますが、ベルリンはテクノやミニマルハウスなどの音楽がとても盛り上がっている都市で、世界的に見ても質の高いパーティーやクラブがたくさんあります。

 

そんなベルリンで今私が大注目しているアーティストが、今回インタビューをさせていただくことになったギリシャ出身のDJ、John Dimas (ジョン・ディマス)です。

 

10月14日(土)に東京のクラブVENTにて来日プレイを控えたJohnが、今回特別に私のブログでインタビューに応じてくれたんです!

 

彼のインタビューは今のところ日本語では一切見当たらないので、初日本語媒体でのJohn Dimasインタビュー。せっかくなのでブロガー目線で聞きたいことをとにかくなんでも聞きまくってきました!

 

ベルリンを拠点に活動するJohnが何を考えているのか?

Johnのスタジオも初公開し、ベルリンの風景と一緒にお届けします!

John Dimas

John Dimas

RICARDO VILLALOBOS、ZIPにせまる、ヨーロッパのシーンを震撼させる若き才能。ギリシャ発、ベルリンを拠点に活動しテッキーなハウスからメロディアスな作品までリリースするプロダクションは世界中を虜にする。日本でもファンが多い実力派DJ!自身のレーベルElephant Moonでもリリースが好調。

ハウスやテクノ音楽との出会いは学校のプロジェクトから

John Dimasの自宅でインタビュー!
わさび

John、今日はインタビューを受けてくれてありがとう!私のブログって読んだ?まぁ全部日本語だから写真しか見れないと思うんだけど…(笑)

 

ジョンディマス

うん、ページだけチェックしたよ。クールクール。

 

 

わさび

そんな感じだよね(笑)….まず聞きたいのがJohnがどうやってDJとしてのキャリアを始めることになったのかという話。ミニマルハウスとの出会いも聞きたいな。ちなみに出身はどこ?

 

ジョンディマス

出身はギリシャのテッサロニキだよ。この音楽との出会いは僕にとってすごく自然なことだった。僕は学校で電気工学を学んでいて、学校の課題でミキサーを作ったんだ。そこから自分でミックスをするようになって、2000年からDJをするようになったんだ。その2年後にテッサロニキのクールなバーのレジデントDJになって、テッサロニキの1番大きいDJのエージェンシーに入った。2009年から2012年までは軍隊があったんだけど、2012年からベルリンに拠点を移して2013年からはロンドンのエージェンシーLola EDに所属しているよ。

 

わさび

なるほど、じゃあJohnはエンジニアリングのバックグラウンドがあるんだね!テッサロニキからベルリンに拠点を移したわけだけど、DJとしてベルリンに拠点を置くことのメリットって具体的にどんなことか知りたいな。

 

ジョンディマス

もちろんDJがベルリンに拠点を置くことのメリットは大いにあるよ、特にこのジャンルの音楽に関してはね!やっぱり良いDJが集まっているから良いパーティーがあって良い人脈があって、コネクションを作るのに最適だよ。ただ家で音楽を作っているだけでは出会えない人に出会えて、チャンスもその分多く掴めるから。

 

わさび

やっぱりこの業界で上に行くためにはコネクションが大事なんだね。ちなみにギリシャのクラブ文化ってどうなの?ベルリンで流行っているようなテクノやハウスはギリシャでも流行っている?

 

ジョンディマス

う〜ん、ないことはないけどベルリンに比べるととても小さいよ。ギリシャでは若い人も伝統的なギリシャ風の遊び方が好きなんだ。普通にバーに行ってお酒を飲んで語って踊って…。ベルリンのクラブ文化のようなものは根付いていないかな。

わさび

そうなんだ〜。それじゃあやっぱりベルリンに拠点を置くことはJohnにとって最適な選択なんだろうね!

 

 

ジョンディマス

そう思うよ。僕はこの街の生活がすごく気に入っていて、ここに所属しているという気持ちがあるよ!

 
 
わさび

あの〜…スタジオも見ていいかな?!

 

 

ジョンディマス

もちろん!ここで曲を作ってるよ。

わさび

かっこいい…!曲作りは毎日しているの?ルーティーンはある?

 

 

ジョンディマス

毎日は働かないよ。アイデアが湧いたときに一気にここで作る。ルーティーンは特にないけど、スタジオに入ったら必ず1曲は作るようにしているよ。1曲は完成させるんだ。

 

わさび

あーそれすごく共感するなぁ…。とりあえず作り上げちゃうことって大事だよね。1つ質問なのだけど、Johnはモジュラーシンセサイザーを使っている?今いろんな人が使っているから…

ジョンディマス

僕はまだ使っていないよ。理由は今の自分の音にはそんなに必要ないし、将来的に実験して使ってみたいけど、使ったら全部モジュラーになりそうだから(笑)今使っているシーケンサーを使いこなしてから使ってみたいなと考えているよ。

 

わさび

ここにある機材、めちゃめちゃ高そうだけど日本で買ったらもっと安いのかな?

 

 

ジョンディマス

そうだね、だから今月の来日を楽しみにしてるよ!(笑)もう日本で買うもののリストを作ったんだ。僕の彼女も日本のビンテージ服をたくさん買いたいから楽しみにしてる。

 

わさび

彼女はファッションバイヤーかなにか?

 

 

ジョンディマス

彼女はモデルで、高級ビンテージ服を扱っている友達と新しいプロジェクトを始めたんだ。そのために日本でたくさんビンテージ服を買い込むみたい。

 

 

わさび

他に日本で楽しみにしていることはある?やっぱ食べ物?やっぱ寿司?

 

 

ジョンディマス

そうだね、寿司も。でもあの…なんだっけあの黒いシート。あれがダメだ。

 

わさび

黒いシート…あ、海苔かな?なんで?!

 

ジョンディマス

多分それだ。あれはにおいが強いから苦手なんだ。でも草間彌生美術館に行きたいと思っているよ。彼女のスタイル、好きなんだ。嫌いな人もいるけど。僕はサイケデリックなものが好きだから。あとやっぱりレコードを買うのも楽しみだし、カシオの時計が好きだからビンテージの良いものを見つけたいな。

わさび

わぁ〜今回がっつり日本を楽しむ予定だね!私もおすすめの古着屋とかあとで教えるね!(笑)高円寺には絶対行って欲しい!

 

ジョンディマス

ありがとう、そうして!彼女も喜ぶと思う!

 

家族や友人からの反対とギリシャの価値観

わさび

DJのライフスタイルは気に入っている?世界中レコードを担いであちこち移動をするのはけっこう大変なのに、周りからは楽な仕事と思われてしまうと言ってたDJがいて。

 

ジョンディマス

もちろん、気に入っているよ。僕の場合そうなりたくて音楽をやっていたわけじゃないんだけど、結果としてこうなって良かったと思っている。あるDJは目立ちたいからと言ってDJを始めるけれど、自分はそういうモチベーションではなくて音楽を作ることがただ好きだったから。そうでなければ今頃商業的にウケそうなDJをしていると思う。

 

わさび

なるほど。DJの道を進むときに困難はあった?

 

 

ジョンディマス

僕がDJを始めたときは周りの人がみんな僕の音楽を嫌いと言ったよ。友達のプロデューサーからは、こうしないほうがいい、ああしないほうがいいとか言われたり。ギリシャでは28歳までに安定した家庭と職業を持って落ち着くべきという考え方があるんだ。僕がベルリン行きを決めたのは30歳のとき。弟からも両親からも反対されたよ。

 

わさび

え!ギリシャでもそういう考え方があるんだ。日本でもそういう考え方があるよ。でもそういう反発の中、どうやって自分の道を進むことができたの?それって多くの人にとってはすごく難しいと思うんだけど…。

 

ジョンディマス

自分ができるってわかっていたから。自分の作る音楽が良いって自分が1番わかっていたから。だから全部の力と時間を音楽に注いだ。この6年、1日も休みがなかったんだよ。

 

わさび

マジで…!6年…!

 

 

ジョンディマス

先週南米のビーチに行ったのがここ最近で初めての休暇だった。楽しかったよ、ボリビアでアリゲーターを食べた。

 

 

わさび

アリゲーターってワニだよね?どんな味がするのかきになる…

 

ジョンディマス

食感はポークで味はチキンだったね。想像以上に美味しかったよ。南米での僕のハイライトだね(笑)

 

 

わさび

あはは。パーティー以外のね!

 

ジョンディマス

そうだね。まぁとにかくそのくらい音楽に集中してたから休みがずっとなかった。でも、僕の音楽が軌道に乗り出したら、最初の頃に僕の音楽を批判していたプロデューサーからデモが欲しいって言われたんだ。もちろんあげないけどね!(笑)

 

わさび

ははは!ロックだ。

 

ジョンディマス

“Hard work always pays”(努力は報われる)ということだね。大事なのは集中すること。集中すれば欲しいものがやってくる。

わさび

というと?

 

ジョンディマス

僕が2013年に入ったLola EDというエージェンシーも、あちらから声をかけてきたけど本当は僕が入りたいと思っていた念願のエージェンシーだったんだ。でも自分からは言いたくない性格なんだよ、頼んだらさ、ほら…なんていうか断られる可能性もあるわけじゃん?今のガールフレンドだってそうだよ。僕が好きだったけど、カムカムカム!って集中して念じて、ドアを開けたらはい、僕が待ってるよ〜みたいな(笑)

わさび

ははは!(笑)いいねそのスタンス。なんか共感するわ(笑)彼女とは長いの?

 

ジョンディマス

彼女とは今7ヶ月だよ。それまでは今までずっと音楽だけに集中してきたから。でも本当最近休むことが大事だと気づいたよ。まぁ僕は締め切りに追われるのが嫌だからいつも1年前から曲を作るようにしているんだ。最近出したレコードの2曲は3年前に作った曲、3曲は2年前に作った曲なんだ。そうすることで精神的に安心できるし、プライベートの時間も楽しめるよね。いろいろあるじゃん、彼女と映画とかゆっくりするとかさ。

わさび

私も最近プライベートな時間を楽しむことの大切さを知ったからすごくわかる。そうやってちゃんと計画的に制作をしているのって本当すごいな。私も見習いたいです。

今後の活動と、10月14日(土)VENTでのイベントに向けてコメント

わさび

ちなみに、今後の活動でやりたいこと、どうなっていきたいとかある?教えて欲しいな。

ジョンディマス

今まで以上に良い音楽を作り続けることだね。レーベルを大きくしたいというよりかは、良い音楽を作っているのにまだリリースが少ないアーティストをピックアップして、彼らが次の大きなチャンスを掴めるように手助けすることがしたいかな。

わさび

なるほど。Johnのそういう姿勢がすごい共感できる!ちなみにElephant MoonからリリースしたLee Burtonは友達?

 

ジョンディマス

彼は僕の10年来の友達だよ。SAEという音楽学校で講師をやっている。彼はバンドも持っているよ。

 

わさび

ほー。彼はとても良いDJだよね。先生なんだー。

最後に日本の読者、そして10月14日(日)のプレイに向けて伝えたいことはありますか?

 

ジョンディマス

前回日本に行ったときは本当にDJだけしてすぐ帰ってしまったから日本を楽しむ余裕がなかったんだけど、今回は2週間日本を旅行するのでみんなに会えるのも、日本を楽しむのもとても楽しみ!ぜひ遊びに来て欲しいです。

わさび

John、今日は楽しい時間をありがとう!日本のイベント、思いっきり楽しんでね!

最後に日本風ピースをしてもらいました

10月14日(土)来日!John Dimas at Repile | VENT

Replie VENT John Dimas

ギリシャ発、ベルリンを拠点に活動する若き才能John Dimas。テッキーなハウスからメロディアスな作品までリリースするプロダクションは世界中を虜にし、ここ日本でもファンが多い実力派!今回は、東京とベルリンに拠点をおくプロモーター集団、Repileが初めて自身の名を冠としたショーケースに参戦!!Up To Youや関西の野外フェスsea of greenの運営に関わりEinzelkind、Molly、S.A.M.、Dorian Paic、Dana Ruhといった海外で地位を確立するアーティストを招聘し、日本のクラブシーンに質の高いのハウスミュージックを紹介してきたクルーだ。

地元ギリシャにて腕を磨き、着実にキャリアをのばしてきたJohn Dimas。自身のレーベルElephant Moonを主催し、Raum…Musikなどのレーベルからも作品をリリースし、いまでは世界中の名門クラブや人気のフェスに出演するなど多岐に渡って活躍を見せる要注目の若きマスターのプレイをお見逃しなく!

(Photo by Tokio Okada)

Previous postHot In Press / November 2017 | Hard Life's Inside out: Robin Ordell Next postHot In Press / December 2017 | 4pe4 presents Le Loup’s Vinyl Alter Ego